【沖縄旅行】2015年度版 ふらっと久米島ひとり旅(4)

スポンサードリンク

雨の中のパワースポットめぐりです

5回シリーズですよ^^ (1) (2) (3) (4) (5)

2015年5/23~5/24の久米島1泊ひとり旅、2日目は朝から雨。

8時ごろ起きて、ホテルの部屋の窓から外を見たら、湾の向こうの山が
雨雲で覆われてましたよ。

久米島2日目1

折りたたみ傘も持ってきたし、ゴム靴も履いてきたから、
天気は気にせず出かけましょう。

ホテルは素泊まりプランだったので、前日に松乃屋で食べきれずに
折詰にして持ち帰った鶏唐揚げとおにぎりで、簡単に腹ごしらえ。

10時前にホテルをチェックアウトして、町に出ました。

スポンサードリンク

じんじんロードは、雨の中。

久米島のじんじんロード

帰りのフェリーは14時に 出航するので、13時までには戻らなきゃいけません。

近場のパワースポットをいくつか歩いてまわることにしました。

那覇のフェリーターミナルで手に入れた、このフリーペーパーが頼りですよ。

久米島フリーペーパー1

では、行ってきます!

女神ゆかりのパワースポット~ 君南風殿内

今回の久米島の旅は、梅雨時ということもあり、海以外の
観光スポットをあちこち回るつもりできました。

前日は、五枝の松と、一番行きたかったミーフガーを訪れましたよ。

2日目に まず目指したのは、古い女神にゆかりのある、
君南風殿内(ナンペードゥンチ)です。

事前に、君南風についてネットで調べてみました。

神代に三人の姉妹の神がいて、その姉妹のうち、姉は首里の弁ケ岳に住み、二人の妹は久米島に渡って来た。そのうちの一人が君南風となり、久米島各地の神女を統治したが、もう一人は八重山のオモト岳の神になったという。

君南風様は、女神3姉妹のお一人なんですね。

南風という名の女神さま。なんとも、美しい名前だと思います。

琉球王朝時代には国王の姉妹がなる最高神女である聞得大君(きこえおおきみ)の下、
各地の村に配置されたに三十三人の祝女(ノロ)たちのひとりとして、久米島の神事を
司る女性を君南風加那志と呼んだそうです。
「加那志」は琉球古語で、「様」の意味ですね。

君南風殿内は、君南風加那志が神事を執り行った、清らかな拝所ですよ。

ホテルを出て、県道242号線の上り坂をてくてくと、約40分ほど歩きます。

途中で、バス停発見。

久米島の山里バス停1

時刻表です。1日5本か・・・。

久米島の山里バス停2

まだ午前中ですが、雨が降ったりやんだりで蒸し暑く、
人通りがまばらなのを幸いに、ノースリで歩いてましたよ^^

着きました!君南風殿内です。

久米島君南風殿内1

集落の端に、普通の民家のように佇んでました。
上から目線じゃない聖域って、いいですね。

ご挨拶をして、鳥居をくぐります。

まずは、お清めを。

久米島君南風殿内2

拝殿に、おじゃまします。

久米島君南風殿内3

お賽銭箱は、家の中にありました。

朝早いうちに、たぶん集落の方がお掃除をしているんだと思うのですが、
どこもかしこもきれいに掃き清められ、お香と白木のいい匂いが漂ってましたよ。

久米島君南風殿内4

側面から。

久米島君南風殿内5

久米島にお邪魔したご挨拶をして、一休み。

次の目的地に向かおうとしたら、雨雲が空を覆いはじめました。

久米島君南風殿内6

君南風殿内の場所はこちら。

久米島の人々を守る神様へご挨拶~西銘ノロ殿内

スポンサードリンク

那覇に帰る前に行っておきたかった、久米島のパワースポット。

そのうち、港から一番遠い場所にあったのが君南風殿内だったので、
本降りになってきた雨の中を、港のほうへ引き返しましたよ。

県道242号線から、横道に入ります。

久米島2日目2

道の先に、なにかあるね・・・。

久米島2日目3

具体的に、どう注意したらいいんだろう。ハブに。

久米島2日目4

この道では、ハブと子供に注意が必要らしいです。
同列でいいのか?

この道沿いには小学校があるのですが、日曜なので静かでしたよ。

この道の先、西銘集落の中には、観光名所が多いのです。

まず最初に、集落の守り神様の家に、ご挨拶を。

久米島2日目5

西銘ノロ殿内4

西銘ノロ殿内(ニシメノロドゥンチ)です。

かつて、首里王府から任じられた祝女(ノロ)が、
西銘、上江洲、久間地の3つの集落の祭祀をつかさどり、
火の神(ヒヌカン)を祀って神事を行っていた場所です。

今も、集落の人たちによって清らかに保たれています。

集落の中、普通の民家のような拝所。人の暮らしのそばで、
いつも神様は温かく見守ってくれています。

西銘ノロ殿内1

正面から。

神社の鳥居の代わりに、2本のヤシの木がすっと伸びて、
神様のおうちを守っていますね。

西銘ノロ殿内2

西銘ノロ殿内3

こちらの住所は、Google Map先生が把握してませんでした^^;

次にご紹介する上江洲家を目指すとすぐ近くに見つけられるので、
久米島に行かれる方はどうぞご挨拶に訪れてみてくださいね。

さて、集落を通り抜けるご挨拶を済ませたら、先へ進みますよ。

島の発展に尽くした名家のお屋敷~上江洲家

西銘ノロ殿内のすぐそば、同じ通りの向かい側には、
旧家 上江洲家(うえずけ)あります。

1754年に造られた琉球士族の屋敷で、国指定重要文化財建造物です。

久米島の上江洲家1

ここは見物料が300円かかります。

この時点でお昼になっていて、13時までに港に戻らなきゃいけないので
中を見学するのは諦めました・・・。

スポンサードリンク

フクギ並木と堅牢な石垣に囲まれた、赤瓦のお屋敷です。

雨に濡れた石畳も美しいですね。

久米島の上江洲家2

久米島の上江洲家3

正面から。

久米島の上江洲家4

ほとんど盗撮だねw

久米島の上江洲家5

久米島には上江洲さんという姓の方が多いのですが、
この上江洲家はかつて、お茶の栽培や紬の製法を普及させ、
久米島の発展に大きく貢献した家なのだそうですよ。

上江洲家の場所はこちら。

このあたりで、ワタシの久米島散策はタイムアップです。

来たときとは逆に坂道を下り、港へ向かいましょう。

続きは、こちら↓でどうぞ!

にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
Translate »