【沖縄旅行】2015年度版 ふらっと久米島ひとり旅(1)

スポンサードリンク

ふと思いついて久米島へ行ってきました

5回シリーズですよ^^ (1) (2) (3) (4) (5)

前回の台湾行きから1カ月経って、
またしても放浪癖がうずきだしてしまったワタシ。

久米島1

とはいえ、また台湾というのも芸がないし、
もうすでに税関の人に運び屋疑惑(なんの?)を
かけられているっぽいから、今回は近場へ行ってきました。

那覇市泊のとまりんからフェリーに乗って、約4時間。

久米島ですよ。

スポンサードリンク

行ってみたいなーと思いつつ、那覇から割と近いので
逆に行く機会がなかったのです。

出発の2日前に行こうと決め、1泊2日で行ってきました。

日程は、5/23朝~5/24夕方です。

久米島出身の友達がいるので、彼女にいろいろ情報をもらいながら、
(もちろん、久米島のウマくて安いお店の情報も)
いつものように行きあたりばったりの旅ですよ。

梅雨に入ったばかりだし、きっと天気悪いだろーなと予想してたので、
今回の目的は海じゃなく、ぷらぷら、のんびり歩きまわること

せっかくなので、久米島への行き方や歩き方をご紹介します^^

旅の準備編~フェリーとホテル予約~

梅雨入り直後なので、もう、いつ行ったって天気は悪いと
開き直り、思い立った翌日に、フェリーのチケットを買いに
うちから徒歩圏内にあるとまりんに行ってきました。

チケットは当日でも購入できるのですが、フェリーは自由席のため、
早めに乗船していい席をキープするために前日購入した方がいい
友達からアドバイスをもらったので、前日に購入することにしたのです。

とまりん

ホテルやオフィスも入ってるけど、とまりんの1Fは泊ふ頭ターミナル
実はこっちがメイン(らしい)。

とまりん1F

入口には、いかりが飾られてます。

とまりん1F2

正面から入ったところ。各離島便のフェリーのチケット売り場は、
入って右手に並んでます。

とまりん1F3

とまりん1F4

行き先の離島によって、カウンターが違います。
久米島行きのフェリーを運航しているのは、久米商船という会社。

こちらが、久米商船のカウンターです。

とまりん1F5

チケット購入にあたっては、身分証の提示とかは不要だけど、
乗船申込書の記入しなきゃいけません。

乗船申込書1

記入例もあるし、簡単ですよ^^

乗船申込書2

乗船申込書をカウンターで提出して、チケットを購入。

久米島へは往復で6,450円です。

フェリーチケット1

こっちが、行きのチケット。
朝8:30と午後14:00の2便がありますが、朝の便で行きますよ。

ちなみに、朝の便は渡名喜島経由、午後の便は直行便です。

フェリーチケット2

こっちは、帰りのチケットです。

久米島発那覇行きも8:30と14:00の2便あって、
帰りは午後便に乗ることにしました。

フェリーチケット3

運行スケジュールはシーズンによって変わるので、
計画を立てるときは必ず!久米商船のサイトで確認しときましょう。

久米商船株式会社

チケットを手にしたら、もう後には引けない気分

ターミナル内には、各フェリーの運航状況が掲示されてますよ。

フェリー運航状況

粟国島行きが運休になってた・・・なにがあったんだろう。

こちらは、ターミナルの利用時間です。
空港みたいに24時間じゃなく、朝7時から午後7時までの利用なんですね。

ターミナルの利用時間

さーて、翌日は8:15までに乗船しないと、置いていかれる!
そして、明日の宿を予約しなきゃ!

急いで帰って、楽天トラベルでホテルを予約しました。

スポンサードリンク

楽天ポイントが1,000円分くらいとラクーポン500円分があったので、
直前だけど港に一番近いホテルの素泊まりが、5,300円で取れました。

民宿ならもっと安いけど、お風呂は部屋にあってほしいのです^^;

往復のフェリー料金とホテル代の合計は、11,750円

さて、これで旅の準備は一通り完了です!

1泊だから荷物も少ないし、パッキングが楽でいいわー。

寝坊して船に乗り遅れないように、早寝しようっと。
(が、結局3時くらいまで起きてた^^;)

次のページに続きますよ^^

スポンサードリンク
Translate »