【那覇市 金燕楼】国際通りのはずれの中華酒場!気軽にワイワイできるお店です

スポンサードリンク

中国の居酒屋みたいなお店です

前から行きたいな~と思っていたお店に、
お友達から偶然、お誘いをいただいて、行ってきました!

国際通りのはずれにある、金燕楼(ザ・ゴールデンスワロー)です。

金燕楼外観1

スポンサードリンク

このお店は、こないだ行った中華のおいしい居酒屋、
燕郷房の姉妹店ですよ。

燕郷房はちょっと高級そうなイメージですが、
こちらは大陸の大衆酒場のイメージです。

誘ってくれたお友達もワタシも、中国の同じ学校に
留学していたので(年代は全然違うけどw)、
懐かしい雰囲気を味わいに行きましょう!ということに。

入口も、大衆酒場チックですね^^

金燕楼外観2

この日は女子4人で、予約してもらって行きましたよ。

お店の中はこんな感じです。
燕郷房とはだいぶ雰囲気が違いますね!
みんなでワイワイ騒ぐのにいい感じの、丸テーブルです。

金燕楼内観1

金燕楼内観2

丸い椅子が、うん、中国の食堂と同じ!

メニューは、こんな感じです。

水ギョーザ400円焼きギョーザ500円
スープ300円からと、かなりリーズナブル。
麺類も、700円800円とお手頃ですね。

おつまみ系は、冷菜みたいです。

メンバーが揃ったところで、お料理を選びましょう!

おつまみ系も充実してます!

まずは、軽くおつまみ系を。

葱油鶏500円ですよ。

金燕楼の葱油鶏1

茹で鶏の上に、たっぷりの刻みネギが載ってます!

冷たいので、つるっと食べられちゃいますよ。

金燕楼の葱油鶏2

続いて、青菜塩炒め580円です。

ちゃんと、ワタシの大好きな空芯菜が使われてます^^

金燕楼の青菜塩炒め

スポンサードリンク

こちらは、てびちにんにくラー油蒸し580円

金燕楼のてびち1

沖縄ではおでん風に煮込んで食べることが多いてびち(豚足)、
蒸していただくのは、ワタシは初めてかも。

蒸してあるので、脂っこさもなく、舌触りがなめらかです。
とろっとろの、コラーゲンですよ^^

金燕楼のてびち2

どんどん、お料理がきますよ!

こちらは、レタスチャーハン680円です。
かなりの量で、女性4人で炭水化物祭りw

金燕楼のレタスチャーハン

大好きな水ギョーザ400円

金燕楼の水ギョーザ1

もちもちっとして、少しニンニクが入ってますよ。
中国酢を付けて、いただきます^^

金燕楼の水ギョーザ2

スープは、無難にコーンスープ380円

金燕楼のコーンスープ1

コクととろみがあって、おいしいです!

金燕楼のコーンスープ2

このあたりで、おつまみ系を2品、追加です。

まず、くらげキュウリ和え580円ですよ。

金燕楼のくらげキュウリ和え

ひんやり、コリッコリの食感がたまりません!

こちらは、お友達のリクエスト。
ゆで豚にんにくだれ580円です。

金燕楼のゆで豚にんにくだれ1

これでもか!っつーくらい、もやしがいっぱい!
最初、麺かと思いましたよ。

丼の下にタレがたまっているので、
よ~く混ぜて、いただきますよ。

金燕楼のゆで豚にんにくだれ2

いいかげん、腹いっぱいになってきたのですが、
これははずしちゃいかん!と満場一致で、
焼きギョーザ500円ですw

金燕楼の焼きギョーザ1

ぷっくりしたギョーザにいい焼き色がついてて、
どんなに満腹でも食える!という気になります。

これも、中国酢を付けて。

金燕楼の焼きギョーザ2

水ギョーザと同じタネだと思うのですが、
ちょっとニンニクが入っている分、焼いたほうがおいしく感じます。

これは、ビール飲みたくなる!

でもこの日は全員、烏龍茶だったのよ^^;

スポンサードリンク

最後は別腹、デザートですよ。

欲張りなワタシは、杏タピ500円です。

金燕楼の杏タピ1

杏仁豆腐+タピオカココナッツミルクという、
まずいわけがないデザートですよ。

金燕楼の杏タピ2

女4人で食い荒らした約2時間、
そのうち30分くらいは、ダイエットについて
語り合っていたという不条理さ。

ちなみにお勘定は、烏龍茶をお代わりしても、
ひとり2,000円足らずでしたよ。

こんなに食べてこのお値段、かなり高コスパです!

ところで、 お友達がときどき、このサイトを
のぞいてくれているのですが、

夜見たらお腹がすく!だから夜は見ない!

と熱く宣言しておりました。

あなたもですか。ワタシもです

夜中に自分で撮ったごはんの写真を見て、
空腹で悶絶する40オンナって、どーよw

さて、明日はなに食べよーかな。

金燕楼(ザ・ゴールデンスワロー)

住所 沖縄県那覇市 安里1丁目4-14
TEL098-860-9089
営業時間17:00~24:00
定休日:月曜日
駐車場:無

お店の場所はこちら。

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 グルメブロ グ 沖縄食べ歩きへ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
Translate »