【台湾旅行】新感覚のお寺!地獄を体験できる金剛宮へGO!(1)

スポンサードリンク

2回シリーズです (1)(2)

ワタシは中国語が少しできるので、
今はそれを半分メインで仕事にしてます。

去年は月1~2回、通訳の仕事で、台北のお寺をあちこち巡ってました。
観光ガイドじゃなくて、商談の通訳で行くんだけどさ。

どのお寺も魅力的なんですが、郊外のお寺のインパクトがすごいです。

中でも、MRT淡水駅からタクシーで40分ほどの海沿いのお寺、
金剛宮は強烈でしたよ。

大きな取引先の一つなので、台湾に行くたびに訪問していますが、
何度行っても、新鮮に怖い

これから台湾に行く予定の方にも、ぜひ行ってみてほしいです。

ほんの一部ですが、どんなお寺なのか、ご紹介いたしますよ。

金剛宮への行き方~淡水駅からタクシーに乗ろう

金剛宮の正式名称は、石門金剛宮

台北市内からの移動は、まず、MRT淡水信義線に乗り、淡水駅へ。

およそ40分で着きますよ。

淡水駅

淡水駅は、淡水河のほとりの開放的な雰囲気の駅です。

台北市内のMRTの駅は地下にあるのが多い(台北駅とか、中山駅とか)ですが、
こちらは地上駅です。

スポンサードリンク

駅前にたくさんタクシーが停まっているので、
先頭のタクシーの運転手さんに声をかけましょう。

石門金剛宮と書いて伝えるか、住所を伝えて、
「行ける?知ってる?」と確認を。
(たまに知らない人もいる)

金剛宮の住所は、新北市石門區崁子腳41之3號です。

タクシーに乗るときには、
運転手さんに次のことも交渉しておきましょう。

帰りに迎えに来てもらえるか?
その場合、往復でいくらか?

金剛宮はかなりの田舎にあって、
流しのタクシーを拾うことができません。

バスの便もあまり良くないので、
行きに乗ったタクシーに
迎えに来てもらうほうが安心ですよ。

交渉しだいですが、料金も、
往復だとちょっと安くなるかも。
まあ、往復でなく、普通に乗っても
片道800元以内で行けます。(2015年2月は行けた)

迎えに来てもらえることになったら、
運転手さんの電話番号か、
タクシー会社の電話番号を教えてもらうのを
忘れないようにしてくださいね。

中国語でのコミュニケーションが難しくて
迎えにきてもらえない場合でも、帰りに金剛宮で
お願いすればタクシーを呼んでくれます
(来るまで、ちょっと待つけど)。
あんまり心配しなくても大丈夫です^^

淡水の街をつっきって、
海沿いの道をひたすらまっすぐ行きます。

金剛宮行き1

金剛宮行き2

もうこの道がね、国道58号線か!?と思うくらい、沖縄そっくり。
読谷~恩納村あたりね。右車線走ってなかったら、
ちゅら海水族館に向かってるような気になってきますよ。マジで。

着きました!こちらが、金剛宮の入口です。

金剛宮入口2

金剛宮入口3

金剛宮入口

入口から、すでにファンキー(死語?)。

ワタシは初めて行った時、ちょっとだけ、えっ!?って思ったけど、
まあ、台湾のお寺って、日本の神社仏閣とは違うのがデフォだしね。

気を取り直し、お参りさせていただきましょう。

石像で学ぶ中国故事です

入口で一礼して、お寺に入りますよ。

スポンサードリンク

・・・と思ったら、まず、本殿に続く長い上り坂がありました。

金剛宮入口4

両側に並んでいるのは、中国故事をモチーフにした石像です。

たくさんありますが、時間がおしてたので印象的なものをいくつか、
ピックアップしてご紹介しますね。

金剛宮の石像1

どーもどーも

いやいやいやいや

みたいなやりとり?

こんな説明がありましたよ。

金剛宮の石像2

孝行動天(孝行は天をも動かす)
堯と舜は、ともに我が国の古い時代の最も賢明な指導者である。
幼い頃の舜は、父と継母からあらゆる虐待を受けていたが、
彼は機転を利かせて難を避け、常に父母を敬って孝を尽くし、
ついには両親を改心させることができた。(翻訳 by ぐらん)

っつーことは、これは堯が舜に
「あなたに天下を譲りたいのよ」って
オファーしてるとこか?

説明文と微妙にミスマッチな感じがするけど、
親孝行すると天下が転がり込んでくることもある、ってことで。

参考⇒舜-Wikiledia

つづいて、こちら。

金剛宮の石像3

若い女性が、老女にお乳を含ませてます。えっ?

それはオレのだろ!と突っ込む幼児。

金剛宮の石像3

ええと、老いて歯がなくなっちゃった姑に、
嫁が自分のお乳を与えるという、
美しい故事(?)があるんだそうです。

スポンサードリンク

説明を撮り忘れてしまい、
これはシチュエーションがよく、わからない。

金剛宮の石像4

他にも、熊だか狼だかの着ぐるみみたいなの着こんだ男の石像とかあって、
思わず立ち止まって見つめてしまい、なかなか先に進めない^^;

スタートでもうやられた!って感じでしたよ。

宮司さん、現地では老師(先生)と呼ばれているのですが、
その方と30分くらい商談をして、台湾での仕事が順調なように
祈願をしていただいたあと、お寺の中を案内していただきました。

奥へ行くほど、上の階へ上がるほど、ディープな世界になっていきましたよ・・・。

続きは↓からどうぞ^^

石門金剛宮

住所:台湾 新北市石門區崁子腳41之3號
TEL:+886 2 2638 2076
お寺のサイトはこちら:石門金剛宮

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
Translate »