【氷見市 魚市場食堂】富山県の漁港で、獲れたての海の幸で腹を満たしてきたよ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_2

漁港の2階は食堂でしたとさ


2019年1月末で、めでたく1つ年をとった
南天ぐらんです。

今年の誕生日は、ひとりでふらふら、
旅してきましたよ。

目的地は、福井県・石川県・富山県の
北陸地方。まあ、いつものように、
行ったことのないとこに
行ってみよう!
って感じで、
行き当たりばったりな旅でしたw

旅の途中で立ち寄った富山県の漁港で、
ウマいランチしてきましたよ。

行ってきたのは、氷見漁港の2階にある
魚市場食堂です。

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_3

スポンサードリンク

今回は(今回も?)ネタ満載なひとり旅で、
ここには書けないよーなことも
たくさんあったんですが、とりあえず、
食べたもの、行ったお店をアップしないと
どんどん、記憶が薄れていくからねw

お店というか、建物の中に入ると
階段がありましたよ。

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_4

のぼりきったとこに、食堂の看板。

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_5

おいしいお魚が食べたい!と思って、
出発前にいろいろ調べてて見つけた
お店ですが、「先頭最前列」の看板。
行列のできる人気店みたいよ。

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_6

入口前からは、氷見漁港の中が
一望できます。

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_7

入口のそばには、メニューが
提示されてましたよ。

じっくり選びたいとこだけど、
この時の外の気温は、2℃!
屋内だとよけいに寒いので、
店内に入ってから決めることに。

お店の雰囲気は、こんな感じ。

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_14

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_15

大き目の窓と、きれいに揃えられたテーブル。
清潔感のある食堂って感じですね。

テーブルの上には、ガスコンロが
セットされてました。

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_16

入店したのが平日の11時と、ランチには少し
早い時間だったので、お客さんはまばら。

お好きな席にどうぞ!と勧められ、窓際の
4人掛けテーブル席を一人使いさせて
いただきましたよ^^

さあ、改めてメニューを吟味!

お目当ての海鮮丼は、氷見浜丼というらしい。

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_21

サイズは3種類。富山県の方言で、
ちょっこし盛(小盛)1,290円
やわやわ盛(並盛)1,790円
はんさ盛(大盛)が2,290円

氷見海鮮漬丼お刺身定食
並盛と同じ1,790円というお値段で、
どっちにしようか悩むw

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_22

さらに悩みを深めるよーに、冬の北陸、
旬の寒ブリの限定メニューがあったりする。

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_23

朝獲れの天然ブリしゃぶ1,580円
ブリ丼3,000円と、これまた、
今、ここで食べんでどーする!?的な
メニューじゃねーか!
しかも、流通コストがかかってない分、
かなりお安い!

真剣に悩みましたが、朝食をけっこう
がっつり食べてきていたのと、本来の
目的を忘れちゃいかん!と思い、
氷見浜丼の並盛に決めましたw

でも、ちょっと寂しい気がして、
サイドメニューとして
朝獲れ真ダラの白子ポン酢480円を追加。

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_25

お茶を飲みながら、のんびりと
小雨交じりの港を眺めていたら・・・

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_26

土鍋がきたw

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_27

大き目の鍋にたっぷりの具で、
最初、注文を間違えたかと思いましたよ!
海鮮丼にセットされてる、漁師汁だった。

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_28

グツグツいってきたら火を止めて
くださいとのことだったので、
しばらく待ちましょう!

一緒にやってきたのは、
真ダラの白子ポン酢です。

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_29

真ダラの白子ポン酢 480円

小鉢とは呼べない、大き目の器に
みっちりと、白子!

これは、即食いせねば!

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_2

プリプリ、そしてなんとも、
ミルキーな後味です!

生臭さがまったくなくて、
こりゃ、がっついちゃいかん味だ!
本能が即座に反応しました。
じっくり味わわないと、罰が当たる。

白子の後味にほわ~っとしてるとこに、
メインもやってきました!

氷見浜丼やわやわ盛(並盛)1,790円

スポンサードリンク

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_1

白子のインパクトが大きすぎて、
この刺身の量にもあんまり、
感動しなかったという勿体なさ。

乗っかってるのは、マグロ、ホウボウ、
フクラギ、そしてエビですよ。
ワタシは初めて知ったのですが、関東とかで
ハマチと呼ばれているブリの幼魚を、
富山県ではフクラギと呼ぶんだって!

↓は、ホウボウ。

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_30

こちらは、マグロです。

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_31

さっそく、旬のフクラギから
いただきます!

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_32

ほどよく脂がのってて、歯ごたえもよし!
甘みがたまらんw

漁師汁にも火が通ったので、
あったかいうちにいただきますよ。

立ち上る湯気が、食欲をそそるw

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_33

魚のアラがたっぷり入ってて、
いいダシが出てます!
寒い中を20分くらい歩き回った体に、
優しくしみたわ。

メインの氷見浜丼(海鮮丼)も、
バクバクいっちゃいます!

マグロには、ほどよく脂がのって。

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_37

対照的にホウボウは、淡泊な味わい。

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_38

どのお刺身も見た目を裏切らない
新鮮さで、臭みなし!
酢飯じゃない冷えたごはんのおかげで、
猫舌のワタシでも待たずに掻き込めました!

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_42

あー、フクラギもウマいw
ブリ系でこのコリコリ感と
臭みのなさ、甘みは、
今が旬&新鮮な証拠だね!

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_43

ワタシはワサビで醤油の味を
濁らせるのが好きじゃなくて、
お刺身にワサビを乗っけて、
片側に醤油をつける派です。
さんざん食べてきといて、
今さらですがねw

ちょっと箸休め。

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_44

丼にセットされてる「季節の一品」は、
メカブのポン酢和えでしたよ。

ショウガの風味が効いてました!

さー、どんどん、バクバクいこう!

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_46

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_47

甘エビもご覧のとおり、プリプリ!

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_48

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_49

しかし、やはり特筆すべきなのは
真ダラの白子のおいしさです^^

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_50

とってもクリーミーでミルキー、
なんともいえない、良い香り!

これが480円なんて、
コスパ高すぎる。

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_51

こういう味は、南国・沖縄じゃ
あんまり味わえないなあ。
やっぱり、北国じゃないとね。

おいしい氷見丼も、残り少なく
なってきちゃった・・・。

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_52

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_45

当然ながら、あんなにたっぷりあった
おいしい白子も、食べたら減るわけで。

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_53

写真を撮りながら、40分ほどかけて
完食いたしました!

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_54

食べにくいアラの入った漁師汁も、
このとおりペロリ!

富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_55

おいしかった!
ごちそうさまでした^^

氷見丼(海鮮丼)は、最初見たときは
ごはんの量が多いかな?って
感じたけど、底の浅めの器だったから
ちょうどいいボリュームでしたよ。
ちょっこし盛(小盛)だと、物足りなかったかも。
ワタシの後から入ってきた男性グループは
はんさ盛(大盛)を頼んでましたが、
「ごはんは少な目で」とリクエストしてました。

氷見漁港は、氷見駅から徒歩で15分くらい。

すぐ近くには氷見の名産品の並ぶ
氷見漁港場外市場 ひみ番屋街があって、
駅からはコミュニティバスも出てるそうです。
屋台が並んでます。眺めるだけでも
楽しい場所でしたよ!

お昼時にはかなり混み合うようで、
ワタシがお店を出るころにはほぼ、
満席になっていました。カウンターがないし、
ゆっくり食事したいおひとり様は
ランチタイムをはずして来店するのが
ベターだと思います。

旬のおすすめメニューは
季節によって変わるらしいので、
夏に行ったらまた、別の味が楽しめそう!

富山県で美味しいお魚をたらふく!
食べたくなったら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。


氷見漁港 魚市場食堂

住所:富山県氷見市比美町435
TEL:0766-72-2018
営業時間:6:30〜15:00
定休日:1月1日〜1月3日
駐車場:有

お店の場所はこちら。

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 グルメブロ グ 沖縄食べ歩きへ

氷見 魚市場食堂魚介・海鮮料理 / 氷見駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

おまけ。

4泊5日、ひとりでふらふらと旅して、
好きなものを好きなだけ食べて
沖縄に帰ってきた結果、金欠w
予想外のアクシデントもあったのでね。

旅行前にもまして、せせこましく
お弁当作っております。

ある日のお弁当。

富山_氷見_魚市場食堂_おまけ_1

ポーク/卵焼き/ほうれん草とベーコン炒め(冷食)/俵おむすび

ごはんには、せめて海苔を巻こうw

富山_氷見_魚市場食堂_おまけ_2

翌日は、さらに清貧感のあるお弁当。
手抜きともいう。弁当箱の隙間がヤバい。

富山_氷見_魚市場食堂_おまけ_3

牛すじ肉と大根の煮込み/ササミときゅうりのポン酢和え/コーンクリームコロッケ(冷食)/卵焼き/ごはん

ワタシはあんまり、牛肉は好きじゃ
ないんだけどね。安かったし、
大根を使い切りたかった。

圧力鍋を使って、ほろほろに柔らかく。

富山_氷見_魚市場食堂_おまけ_4

気休めダイエット的なポン酢和え。
旅行中に2kg太ったのよ。

富山_氷見_魚市場食堂_おまけ_5

こういうおかずに、粉末のスープか
自作のお味噌汁をプラスして、
毎日のお昼をしのいでおりますよ。

貧しいごはん、大好き 🙂

スポンサードリンク
スポンサードリンク
Translate »