【雑談】犬ほどの幸せも味わえない人間だと思う

スポンサードリンク

被災地で、
行方不明者の捜索にあたる災害救助犬。

彼らは、瓦礫で足が傷ついても、
弱音も吐かずに懸命に生存者を捜し続けます。

「人を助ける」ために力を尽くしている彼ら。

瓦礫の下の被災者を探しあてても、
すでにその人の命は喪われていた・・・。
そんなとき、救助犬は「助けられなかった・・・」と
大きな精神的なダメージを受けてしまうそうです。
それが続くと、気落ちしたあまり、
立ち上がれなかったり、嗅覚を喪ってしまった
救助犬もいると聞きます。

「人を助けたい」という思いが強いだけに、
助けられなかったときの失望や自責の気持ちも
強いものなのだろうと思います。

生存者を探し出し、救えたとき、
彼らが感じる喜びや幸せは、
それだけ大きなものなのでしょう。

そんな彼らの存在を頼もしく、尊いと思うと同時に、
震災に絡むこういうニュースを目にすると、
怒りよりも同じ人間として、情けなさが先にきます。

被災地狙い相次ぐ「火事場泥棒」 警察当局、県外からも応援投入で取り締り強化 盗犯捜査員、覆面パトカーも

スポンサードリンク

この手の犯罪を犯す人間が
火事場泥棒して手に入れる幸せなんか、
犬が感じる幸せに比べたら、
はるかに軽くて、小さなもの。

犬以下のプライドしかないし、
やることも犬以下に、ちゃちい。
被災した人の家から泥棒って・・・。
やることが、犬以下だもの。

主人が避難した後の家に取り残されても、
犬はきっと家を守る。

火事場泥棒は、番犬のいる家には入れない。
犬にも敵わない、ちゃちい犯罪者だわ。
命としてのレベルが低すぎる。

一日も早く、熊本の皆様の生活が、
平穏を取り戻せますようお祈りいたします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
Translate »