【沖縄旅行】観光客っぽい半日を過ごしてきました(観光編)

スポンサードリンク

こちらの記事の続きです。

恩納村のリゾートホテル、
リザンシーパークリゾートで
優雅な一夜を過ごした翌朝ですよ。

体調が良くなりつつあったので、
那覇に戻る途中、お友達と2人で
観光客みたいなことをしてきました。

訪れたのは、うるま市にあるビオスの丘です。

1017-18

スポンサードリンク

ここは亜熱帯の自然を体感できる、
人口庭園ですよ。

入口では蘭の花がお出迎え。

1017-19

1017-20

1017-21

10月も後半だというのに、
駐車場で車を降りたとたん、
えらい勢いで蝉の声がうるさかったです。

季節感ゼロ。

午前中だからまだ、日射しは優しかったけどね。

チケットを購入しました。

1017-22

園内の人工池のクルーズもセットで、
1,200円ちょい。

クルーズなしの入園料金だけなら、710円です。

クルーズ船は30分置きに出航しているとのこと。

園内をのんびり散策しながら、
人工池に向かいますよ。

亜熱帯の森の中を歩いている感覚です。

動画で雰囲気をどうぞ。

うわんうわん聞こえてるのは、全部セミの声ですよ。

標識を見ながら、ゆっくり移動していきます。

綾舟場というのが、乗り場のようです。

1017-28

さて、こちらがその人工池。

約1kmを25分かけてクルーズする船が出ています。

カヌーの体験もできるみたいですね。

1017-27

1017-23

池のまわりには、鶏が放し飼いにされてました。

1017-24

園内で栽培している蘭も売られてたり。

1017-25

1017-26

三線が放置されていたり。

1017-29

なかなかぬる~い、南国ムードです。

前のお客さんを乗せた船が戻ってきて、
入れ替わりに乗りこみましたよ。

1017-30

いざ、出航!

1017-31

ベテランのガイドさんが操船しつつ、
水辺の生き物や植物について
楽しく説明してくれて、とても楽しいひと時でした。

特に小さな子供たちが、
虫や鳥たちについてアレコレ、
天真爛漫に質問しているのが
はたで見てて楽しかったですよ!

朝ごはん中の水牛。

牛なのに、名前は「サイ」だそうです。

1017-32

この3本の木は、水の中に根付いてます。
水松(すいしょう)というそうです。

そんな名前なのに、実はスギの仲間という・・・。

1017-33

船はどんどん、池の奥へ。

ヤンバルクイナの仲間だというバンや、

1017-34

真っ赤なトンボがいましたよ。

1017-35

このシダのゼンマイ部分は、食べられるんです。

1017-36

小島に群生している小さな蘭は、
石垣島で発見されたもの。
実は、操船しているガイドさんが
15年ほど前にここに植えたのだそうです。

1017-40

スポンサードリンク

池の中ほどにある舞台。

1017-37

ここでは琉球王朝を舞台にしたドラマ、
「テンペスト」の撮影が行われたそうです。

Uターンして船着き場に戻るとき、
琉球舞踊を鑑賞させていただきました。

1017-39

1017-38

水辺を舞う美女!

ガイドさんのおしゃべりがおもしろくて、
暑さも時間も忘れて楽しく過ごすことができましたよ!

25分のクルージングを終えて
船を下りたら、再び園内を散策です。

広場が、小さな動物園みたいになってました。

1017-41

人懐っこいヤギがいましたよ。

1017-42

こっちのヤギは、ちょっと人相が・・・。

1017-43

ミニじゃなくなったブタ。

1017-44

コップに入ったニンジンが
100円で売られていたので、
友達が買ってヤギたちにふるまってみました。

おねだりするヤギ。

1017-45

食いつくヤギ。

1017-46

ヤギもブタも人馴れしてて、
子供たちが触ってもストレスがないようでした。

ヤギたちをからかった後は、
少し離れたとこにいる水牛たちに
会いに行きましたよ。

1017-47

ツノ、でか!

1017-48

スポンサードリンク

この牛舎には3頭の水牛がいましたが、
近くで見るとそれぞれ顔つきに
特徴があり、見分けがつけやすいです。

しかし、どの牛も、悟りきった
老人のような貫禄があった・・・。

ちょっと惚れてしまいそうでした。

園内は、ゆっくり回っても
1時間半くらいで一周できます。

園を出て、駐車場そばの
ガーデンセンターで一休み。

ドクターフィッシュがいました。

1017-49

10分540円。
歩き疲れた足を、癒してもらいましょう。

1017-50

友達の足、宴会状態。

1017-51

こそばい!を連発しつつも、
リラックスできる10分間でした。

ガーデンセンター内には、
おみやげ用の小物やお菓子、
そして園内で育てた豪華な蘭が
直売されてますよ。

1017-52

1017-53

1017-54

このガーデンセンターは、入園無料。

ビオスの丘の入園料を払わずに、
駐車場から直接入ることができるので、
ドクターフィッシュだけ体験したい人には
いいかもしれないです。

他にもいろんな体験コーナーがあって、
楽しいセンターでしたよ。

2時間ほど観光客ごっこをして、
かなり歩いたおかげか、
猛烈にお腹が空いてきたワタシ。

ちょうどお昼どきだったから、
車で沖縄市まで移動し、

ステーキを食べた。

1017-55

水牛を見たときから、
ランチはステーキと決めてましたよ。

水族館に行ったら刺身が食べたくなるタイプなのよ、ワタシ。

あんな立派な牛見たら、牛肉食べたくなるじゃん。

のんびりと自然と触れ合ったおかげか、
お腹の調子もほぼ、通常通りに戻りました。

ビオスの丘は、本州からの観光客だけじゃなく、
地元の人にもおすすめの癒しスポットですよ。

ビオスの丘

住所:沖縄県うるま市石川嘉手苅 961番の30
TEL:098-965-3400
営業時間:9:00〜18:00(入園 17:00まで)
定休日:年中無休
駐車場:有
サイト:ビオスの丘

ビオスの丘の場所はこちら。

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
Translate »