【台北市 紅豆小館】台北車駅でカフェ風小吃をお手軽に!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

台北車駅2階にあるレストランで小籠包を

2014年10月初旬に、台北に行きました。

というか、2014年後半は、ほとんど毎月のように
仕事で台北に行ってましたがw

朝早く台北市内に着いたとき、お腹がすきすぎて
ふらっと入ったのが、このお店、紅豆小館(ホントゥ シャオグヮン)です。

紅豆小館1

スポンサードリンク

紅豆小館入口4

台北市の中心、台北駅の2Fにありますよ。

台北駅の2Fは微風廣場というフードコートになってます。

微風広場

いろいろ、お店入ってますね。

紅豆小館は、2014年にオープンしたばかりらしいです。

お店の入り口は、こんな感じ。

中華のお店っぽくないですが、上海小吃のお店です。

紅豆小館入口2

紅豆小館入口

オープン直後の朝10時半くらいに行ったので、ガラガラ。

一番乗りでしたよ。紅豆小館内観

高級店の味がしました!

とにかくお腹が空いていた、このときのワタシ。

お店の小姐に相談しながら、冷菜(すぐ出てくるからね!)、
スープ、小籠包をオーダー。

セットメニューもありましたが、2人分からだったので、単品で。

ワタシセレクトです↓。

紅豆小館2

  • 蘇式小籠包
  • 上海酸辣湯
  • 麻辣口水鶏

麻辣口水鶏は、「鶏のピリ辛冷製」ですね。

見た目ほど辛くないし、さっぱりしていて
するするとお腹におさまっちゃいました。

こうしてみると、けっこう山盛りだったんだけど。

スポンサードリンク

紅豆小館の鶏肉のピリ辛冷製

タレがとってもおいしかった^^

酸辣湯は、具だくさん。

紅豆小館の上海酸辣湯

量的にも、ひとりでちょうどいいくらい。

酸っぱすぎず、辛すぎずで、ワタシ好みでしたよ。

辛党の人は、たぶん、物足りないと思う。

日本にあるお店の酸辣湯って、
やたら辛いの多いですよね。

なんか、「辛いの偉い」みたいな。

あれは四川風なのかな。

本命の、小籠包です。紅豆小館の小籠包1

上海も小籠包が有名なとこですが、
ワタシが昔、現地で食べたのよりもちょっと大ぶり。

台湾の一般的な店に比べても、大きめです。

味付けは、大陸風のあっさり系。

丁寧に作られた小籠包、って感じがします。

紅豆小館の小籠包2

どの料理も上品で、味に高級感がありました。

お店を貸切状態で、あっというまに完食。

紅豆小館完食

我ながら、あっぱれな食いっぷりだね。

お勘定は、380元

10%のサービス料がプラスされるので、418元でした。

今(2015年4月)のレートだと、1800円くらいかな。

紅豆小館伝票

ワタシはあとから知ったのですが、
このお店の母体は上海料理の高級店、
紅豆食府なんだそうです。

そっちは一人でなんか入れない、本格中華のお店。

お値段だって、お高い。

厳選した素材と本格派の味を、もっと手軽に
食べてもらえるようにと、紅豆小館を展開してるようですよ。

グループのサイトはこちら

ファストフードっぽいカジュアルな雰囲気で、
でも味はお上品。

ひとりでも入れるし、少人数のグループでもOKってのが
ありがたいですね。

MRTの駅の真上だし、
台北市内どこからでも、アクセスは便利。

今度行くときは、海鮮食べてみようと思います。

紅豆小館

住所:台北市中正區北平西路3號2樓(微風台北車站)
TEL:02-2370-1033
営業時間:10:00~22:00
定休日:年中無休

お店の場所はこちら。

にほんブログ村 グルメブログ 台湾食べ歩きへ
にほんブログ村

スポンサードリンク
スポンサードリンク
Translate »