スポンサードリンク

あけましておめでとうございます&イギリスの田舎の写真たくさん

2002_12_イギリス_1

人気記事
  • 沖縄みやげ_41 【沖縄旅行】バラまき系沖縄みやげを買いにスーパーへ行こう!24時間営業です!(2) 147 views
  • 沖縄みやげ_32 【沖縄旅行】バラまき系沖縄みやげを買いにスーパーへ行こう!24時間営業です!(3) 101 views
  • 沖縄みやげ_1 【沖縄旅行】バラまき系沖縄みやげを買いにスーパーへ行こう!24時間営業です!(1) 88 views
  • 富山_氷見_魚市場食堂_海鮮丼_1 【氷見市 魚市場食堂】富山県の漁港で、獲れたての海の幸で腹を満たしてきたよ 66 views
  • 那覇_空港_おみやげ_4 【沖縄旅行】出発前に駆け込もう!那覇空港で買える沖縄みやげいろいろ(1) 60 views
  • (集計単位:1週間)

    今年の目標というか、抱負ね


    一月も半ばを過ぎちゃったw
    今さらですが、明けましておめでとうございます^^
    今年もよろしく、お付き合いくださいませ。

    スポンサードリンク

    相変わらず、根無し草っつーか、
    プラプラ(フラフラとブラブラの中間)な
    生活をしておる南天ですがw

    今年のワタシの目標は、こんな感じ!

    1. 毎日、30分でもいいから、
      相棒のグランドピアノを弾く。
    2. 毎日、30分でもいいから、
      相棒その2の三線を弾く。
    3. 中国語検定2級に合格する。

    なんか毎年、同じよーなことを掲げてる気が
    しないでもないがw

    ピアノはね。弾くたびにいつも、
    もっときれいに歌わせてあげないと
    ピアノがかわいそうだー!と思っています。

    たまにお友達のピアニストさんが遊びに来て
    さらっと弾いて(歌わせて)くれるのを聴くと、
    ウチの子すげー!・・・へたっぴな
    オーナーでごめんなさい 😥 って気になるのよ。

    ↓こんなに綺麗に歌える子なのに・・・。

    ワタシの大好きな、佐野元春さんのSomeday
    即興で弾いてもらったときの動画ですよ。

    ♪~真夜中に 恋を抱きしめた あの頃~♪
    このフレーズだけで、泣ける年になってもた。

    声楽科志望してたワタシは、右手で
    メロディーさえ弾かんのですよ。
    コード転回ばかりでね。
    怠け者の歌い手がコードを覚えたら、
    楽譜を読まなくなるのよな。
    自分が歌いやすいように弾いて、ピアノを
    歌わせなくなっちゃうの。主役は、自分で。

    だから、クラシックのピアノ曲は苦手。
    バッハとショパンは、マヂ鬼門ですw

    ってことで、コード弾き語りじゃない演奏の
    テクを磨くことを目標に、
    今年は毎日少しでもいいから、ピアノと
    触れ合う時間を作ろうと思います!

    あと、まあ、中国語はさ、大学時代に
    1年北京に留学してたのと、趣味でしょっちゅう
    台湾に行ってた&仕事で使ってたおかげで、
    それほどレベルは低くないと思う。ぶっちゃけ。

    経験として持ってるだけで、資格は持ってないし、
    最近リスニング能力(听力)が低下してるんで、
    ブラッシュアップのために受けますw

    そんな、年甲斐もなくちょっとやる気出してる
    ワタシの、最近のごはん。

    雑談_20_0113_1

    焼肉/タコときゅうりとワカメの酢の物/豆腐とワカメの味噌汁/ごはん

    昨年末に、友達と我が家で忘年会したとき、
    余った牛カルビを独り占めさ。

    雑談_20_0113_2

    副菜は、初売りで安くなってた茹でタコと
    きゅうりで酢の物です。

    雑談_20_0113_3_酢の物

    年が改まっても、かわりばえのしない
    粗食の日々だよ!

    これだけではなんなので、↓から、
    2002年にひとりでイギリス北部を
    レンタカーで旅したときの写真をご紹介^^
    PC内データを整理すると、いろいろ出てくるわー。

    2002年12月のイギリス旅行

    クリスマスシーズンのイギリス北部

    2002年は、ワタシにとっていろいろと
    つらいことが重なっておりました。

    いつもなら、ロンドンに住んでる亡き友の
    忘れ形見に会いに行くのが、このときは、
    お墓参りだけ。その後、イングランド北部から
    スコットランドまで、レンタカーでふらふらと
    さまよってましたよ。

    雑談_20_0113_3_イギリス_1

    借りてたレンタカー。

    雑談_20_0113_3_イギリス_2

    イングランドとスコットランドの境目、
    Coldstream(コールドストリーム)という
    凍てつきそうな名前の街に向かっとった。
    ちなみに、Coldstreamはギリギリ、
    スコットランド側にありますよ。

    雑談_20_0113_3_イギリス_3

    旅の途中は、空気まで凍てついた風景でした。
    雪は少なかったけどさ。

    雑談_20_0113_3_イギリス_4

    雑談_20_0113_3_イギリス_5

    雑談_20_0113_3_イギリス_6

    イギリスには何度も一人旅していて、
    特にスコットランドには大好きな村も、
    お世話になった人もいたんだけど、
    この時は、会いに行く気分じゃなかった。

    ひとりになりたくてさまよってた、
    2002年のクリスマスシーズンでしたよ。

    イギリスの田舎にはビジネスホテルなんか
    なかったので、基本、B&B泊まり。

    B&Bは、Bed and Breakfast の略。
    いわゆる民宿で、子供たちが巣立った民家が
    かつての子供部屋に旅人を泊めてくれて、
    朝ごはんまで提供してくれるという、
    素敵なお宿ですよ。

    だが!クリスマスシーズンには
    子供たちが帰省してくるのは、日本の
    盆暮れ正月と同じなんで、宿探しには
    少し、苦労しました。

    道沿いをレンタカーで走りながら、
    Vacancy(空室あり)の看板を探したら、
    無事に見つけましたよ!
    自分の旅の運がいいと再確認したさ!

    この日のお宿。

    雑談_20_0113_3_イギリス_9

    雑談_20_0113_3_イギリス_7

    夕闇迫る、イングランド北部の田舎の、
    民家の一室です。

    雑談_20_0113_3_イギリス_8

    イギリス行くときはいつも、相棒その2
    三線を持って行ってます。ベッドの上で、
    ひと弾きしたあとですよ。

    荷物を置いて三線を弾き語ったあと、
    夕食まで周囲を散歩してみた。

    泊めてくださったお家は農家で、裏庭には
    馬がいました。

    雑談_20_0113_3_イギリス_21

    舌を鳴らして呼んだら、小走りに
    近寄ってきてくれましたよ。
    手を差し出すと、べろべろなめてくれたw
    人懐っこい!てか、超フレンドリー!

    雑談_20_0113_3_イギリス_22

    お宿の裏、牧場沿いの小道を散策。

    スポンサードリンク

    沖縄に帰ってから友達に見せたら、
    これ、ハリーポッターに出てきそう!
    って大ウケだった、路傍の木ですw

    雑談_20_0113_3_イギリス_14

    雑談_20_0113_3_イギリス_15

    宿に帰るころには、まっくらでした。
    家の灯りが心に沁みて泣けるほど、
    ワタシは弱ってるんだなと実感した記憶が。

    翌日、宿で朝ごはんをいただきましたが、
    ご主人が飼い犬たちになにやら、
    言い聞かせていましたよ。

    雑談_20_0113_3_イギリス_18

    どうやら、お客さんにおねだりしちゃ
    ダメです!と注意してたらしいw

    ワタシの食事中、吠えたり、
    膝に乗っかろうとしたりしなかったけど。

    期待に満ちたこの視線と、
    しっぽブンブンには、勝てないw
    ベーコン、ちょっとあげました!

    雑談_20_0113_3_イギリス_19

    雑談_20_0113_3_イギリス_24

    年長っぽかったもう一頭は、いいつけを
    守るためか、気を紛らわすためか、
    一心に窓の外を見つめていました。

    雑談_20_0113_3_イギリス_20

    この時の、朝ごはん。農家の
    イングリッシュ・ブレックファスト。

    雑談_20_0113_3_イギリス_37

    馬にも、さよならのご挨拶を。

    雑談_20_0113_3_イギリス_23

    この後は、スコットランドへは北上せず、
    ちょっと南下して湖水地方あたりをふらふら。

    雑談_20_0113_3_イギリス_25

    雑談_20_0113_3_イギリス_26

    クリスマスイブだったから、B&Bは
    どこも空室なしでした。
    しゃーない!郊外の小さなホテルで、
    ひとりクリスマスだ!

    雑談_20_0113_3_イギリス_27

    雑談_20_0113_3_イギリス_28

    ホテルの駐車場では、バラが
    凍ってました。

    雑談_20_0113_3_イギリス_29

    イギリスの田舎にはコンビニなんか
    なくて、スーパーも6時くらいには
    閉まってしまい、自販機すらない。
    まあ、20年近く前の旅なので
    もしかしたら、今はあるかもしれないが。

    荒涼とした景色が好きなワタシは、
    けっこう満足してさまよってましたよ。

    誰もいない、建物もない風景に
    ちょっと飽きたので、車を降りて
    高台をてくてく歩いてみた。
    レンタカーは、路肩で一休み。

    雑談_20_0113_3_イギリス_36

    木の実も花も、凍ってた。

    雑談_20_0113_3_イギリス_38

    雑談_20_0113_3_イギリス_39

    南国育ちのワタシには、とても珍しい
    風景でしたよ^^

    道端になぜか、鮮やかな深紅のバラが
    一輪、落ちてました。
    ご縁を感じた。

    雑談_20_0113_3_イギリス_40

    イギリスの田舎を旅するときはいつも、
    行き当たりばったり、ホテルの予約なんか
    せず、食事も目についたパブなんかで
    適当に済ませていたんだけど、三線背負った
    アジア人をさりげなく歓迎してくれる人が
    いっぱいいて、心細さも感じたことないなあ。

    B&Bのおじさん、おばさんたちもみんな、
    すごく優しかった^^

    10年くらい前までは2年に一度は
    訪英していたんだけど、友人の娘が
    ロンドンを離れてからはとんと、ご無沙汰。
    久しぶりに行く計画を立ててみようかな。

    スポンサードリンク


    スポンサードリンク
    Translate »