スポンサードリンク

【那覇市 通堂 儀保駅前店】背脂香る黒いスープを、首里城近くのラーメン屋でいただきました

通堂_儀保駅前_ブラックラーメン_1

人気記事
(集計単位:1週間)

古都でひとりラーメンしてたよ


真冬生まれの暑がりで、
年中、冬を恋しがってるぐらんです。
今年も残暑が厳しくて、泣けるっつーか、
溶ける、溶けそう。

そんな暑いなか、珍しく午後から夜まで
外出する仕事があったので、ついでに
首里でひとりごはんしてきましたよ。

行ってきたのは、モノレール儀保駅から
徒歩で2~3分のとこにある、
通堂 儀保駅前店です。

通堂_儀保駅前_外観_1

スポンサードリンク

予備校の立ち並ぶ首里の儀保交差点を、
首里城側に進んだとこにあります。
(沖縄版の「親不孝通り」だねえ)
ワタシは20代のころ、2年ばかり
この近辺にある予備校で国語の専任講師を
やってたので、馴染みのあるエリアですよ。

入口を、駐車場からパチリ。

通堂_儀保駅前_外観_2

こちらのお店は、沖縄県内で居酒屋や
ビストロなどを幅広く展開している、
「りょう次」グループのラーメン屋さん。
新横浜ラーメン博物館にも出店している、
割とよく知られたお店ですよ。

ひと仕事終えたとこで、小腹が空いてた
ワタシ。さっそく入店!

店内の雰囲気は、こんな感じです。

通堂_儀保駅前_内観_1

建物の外観も内観も、沖縄の古民家風。
ちょっと駄菓子屋チックなとこは、
泊にある沖縄ぜんざいのこのお店↓に
似てるかな?

2階もあるようですが、今回はひとりだし、
カウンター席に案内されました。

通堂_儀保駅前_内観_2

注文は、食券制です。

通堂_儀保駅前_内観_3

こってりトンコツスープの「おとこ味」、
あっさり系塩スープの「おんな味」が基本。
醤油ベースの「ブラック」もあります。

実は、1か月くらい前にもひとりで来店して、
そのときは塩ベースのスープの
「おんな味」のラーメンを
いただいてたのよ。ひと仕事終えて
汗をかいた今回は、少しこってりしたのが
食べたくて、「ブラック」を選びました!

スポンサードリンク

台湾ラーメンも気になったけどね。

食券機の前でおろおろしてた香港からの
観光客に、中国語で助け舟を出した後
(割とよくあることなんですよ)、
無事に食券を購入。

通堂_儀保駅前_内観_4

通堂_儀保駅前_内観_5

580円の、ミニサイズ。
食券を店員さんに渡したときに、
「醤油とブラックのどちら?」と訊かれ、
ネギ抜きのブラックと伝えます。

半券をもらって待つこと、5分くらい。

やってきました!

通堂_儀保駅前_ブラックラーメン_2

通堂ブラックミニラーメン(ネギ抜き)580円。

この日のワタシのひとりごはん、
通堂ブラックミニ580円(ネギ抜き)です。

ちょっとだけ、アップでどうぞ^^

通堂_儀保駅前_ブラックラーメン_3

トッピングは、チャーシュー、海苔、
キャベツ、シナチク。あと、青菜。
確かに、スープはブラックだね!

麺が伸びちゃう前に、いただきます!

通堂_儀保駅前_ブラックラーメン_4

スープは、一口めからふわーっと
背脂の香り。醤油味の中に、ちょっと
ショウガの香りもします。

麺の固さは選べますが、今回は「普通」。
柔らかすぎず、硬すぎず、ワタシには
ちょうどいいくらいの固さでしたよ。

通堂_儀保駅前_ブラックラーメン_5

トッピングの、キャベツとチャーシュー。
チャーシューは、もう少し厚みがほしいところ。

通堂_儀保駅前_ブラックラーメン_6

通堂_儀保駅前_ブラックラーメン_7

ミニサイズだから、猫舌のワタシでも
麺が伸びちゃう前に完食できました^^

最後に、スープを。

通堂_儀保駅前_ブラックラーメン_8

久しぶりのラーメン、堪能しました!

ごちそうさまでした。

通堂_儀保駅前_ブラックラーメン_9

モノレールの駅のすぐそばで、
首里城からも近いというロケーションがら、
中国や台湾からの観光客が多く、
中国語のメニューも用意されてます。

沖縄旅行中に小腹が空いたら、
立ち寄ってってみてくださいね!

スポンサードリンク



琉球新麺 通堂 儀保駅前店

住所:沖縄県那覇市首里儀保町1丁目21-9
TEL:098-885-8889
営業時間:11:00~翌01:00
定休日:無休
駐車場:有
お店のサイトはこちら。:琉球新麺 通堂

お店の場所はこちら。

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 グルメブロ グ 沖縄食べ歩きへ

琉球新麺 通堂 儀保駅前店ラーメン / 儀保駅市立病院前駅首里駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

スポンサードリンク
Translate »