【南城市 ちゅら島】観光施設内のバイキングレストラン!品数多くてヘルシー!

スポンサードリンク

沖縄の「健食バイキング」のお店です

沖縄本島南部にある南城市は、
2006年に佐敷町、知念村、
玉城村、大里村の1町3村が
合併してできた、新しい市です。

ワタシ世代(40代ね)だと、
どうもまだ、南城市って地名になじめなくて、
旧名を聞かないとピンとこないです。

前にも書いたけど、
ワタシはコザ生まれ、浦添育ち、
そして那覇市在住ですよ。
居住地がだんだん南下してるのが
なんだか笑えるけど、しかし、
南城市はさすがに、未知の土地。

そんな南城市の旧玉城村エリアにある
観光施設、おきなわワールドに
海外からのツアーのお客様と一緒に
行ってきました。

実は、おきなわワールド内の
バイキングレストラン、ちゅら島
前から行ってみたいと思っていたのですが、
棚ボタで、ランチすることができましたよ。

churashima2

スポンサードリンク

今回ワタシは団体の添乗の立場でしたが、
個人のお客さんの場合、バイキングの
料金は大人が1,300円
子供は4~11歳が860円です。

このお店は、おきなわワールド内の
おみやげ屋さんの2Fにあります。
すぐ横のエイサー広場では、
1日に何度か、エイサーのステージが
披露されています。

エイサーについては、以前の記事をご参照くださいな。

さて、このお店の
セールスポイントは、「健食」。

長寿の島、沖縄ならではの、
体に良さそうなメニューがいっぱい揃ってますよ。

ツアーのお客さんたちが
エイサーのステージを鑑賞してる間に、
添乗員さん、ガイドさんたちと一緒に、
ちょっと早めのランチです。

100名以上の団体のツアー客も
受け入れているので、かなり広いお店です。
奥行きがあります。

churashima3

気になる品揃えは、こんな感じです。

まずは王道の、ゴーヤーチャンプルー。
季節ははずしてますが・・・。

churashima4

ジーマーミ(地豆)豆腐。
落花生のお豆腐です。
おつまみにしてもよし、
おやつにしてもOKにしたい甘さです。

churashima5

こちらも、定番ですね。
もずく酢です。

churashima6

煮ソーキ、クーブ(昆布)イリチー。
そして、ミミガー春雨。

churashima7

アブラモノが好きな人のために、
山盛りの唐揚げやポテトフライ、
パスタも用意されてました。

churashima10

churashima8

スポンサードリンク

奥にはドリンクや汁物、揚げ物コーナーがありますよ。

泡盛やビール、日本酒まで用意されています。

ニヘデビールというのは、沖縄の地ビール。

沖縄本島の方言で、「ありがとう」という意味の、
「ニヘーデービル」とかけているのです。

ちなみに、本島以外の方言は全然違って、
ワタシの両親の故郷、宮古島や伊良部島では
「ありがとう」は「たんでぃがたんでぃ」と言います。

石垣島とかの、八重山諸島では確か、「にーふぁいゆー」かな?

churashima9

沖縄は離島がたくさんあるし、
島ごとにメンタリティというか、
ものの感じ方が違っていて、
方言も全然違います。

「みっともない」を、本島・那覇あたりでは
「ふーじない(風情がない)」というのだけど、
宮古では「みーちゃぎ」というし。

「みーちゃぎ」ってのは、「目塞ぎ」が語源(たぶん)。

みっともないもの、汚いものを見たとき、
「見てられない、目を覆いたくなる」と思うのは、宮古の人。
「風情がない」と眉をひそめるのが、
那覇あたりの人なのかもしれないですね。

ワタシは父も母も宮古語圏出身(つか、幼馴染)。
家庭内では宮古の方言で両親が話し、
外に出ると沖縄本島の方言にさらされてたため、
かろうじて、両方聞きとれる感じです。

脱線しちゃいましたが、方言はおいといて。

こちらは、サラダコーナー。

churashima27

とことんヘルシーな、蒸し野菜。
隣には、沖縄そばがありますよ。

churashima11

おいしくてヘルシーな、ゆし豆腐。

churashima12

ごはんものも、普通の白いご飯のほか、
サトウキビごはんってのがありました!

churashima13

スポンサードリンク

ぼろぼろジューシー。
ジューシーは、「雑炊」のこと。

churashima14

churashima15

スタンダードに、ポークカレーも用意されてました。

churashima16

こちらは、お店のおすすめの大東寿司。
ネタは、カジキのヅケです。

churashima17

品数が多くて、全部は紹介しきれない!

とりあえず、ワタシの選んだ第一陣です。

churashima1

churashima19

そしてこちらが、第二陣。

churashima18

ジーマーミ豆腐、久しぶりに食べた!

churashima20

弾力があって、甘くて、やっぱりウマいです。

churashima21

大東寿司と、白身魚の甘酢あんかけです。
ヅケは、もっと味が染みてたほうが
ワタシの好みですが、十分ウマいですよ。

churashima22

churashima23

セーイカ(ソデイカ)のボイル。
ワサビドレッシングをかけて、いただきます。

ほのかに燻製の香りがして、食感もすごくいい!

churashima25

どうしても、カレーは外せなかった。

churashima24

第二陣を平らげ、別腹です。

churashima26

デザートのコーナーは充実してたけど、
その前に食べすぎてしまい、
ワタシにしては、少なめ。

一口サイズのケーキに、

churashima29

これは、沖縄名物、シークヮーサーゼリーですよ。

churashima28

デザートはこのほか、フルーツや、
黒糖くずもち、ソフトクリームなど、
沖縄テイストがいっぱいでした。

churashima30

churashima31

このお店が入っている、
おきなわワールドという観光施設には
玉泉洞という鍾乳洞が含まれていて、
沖縄観光の定番のスポット。

体験型アトラクションがたくさんあり、
半日以上かけて楽しめる施設です。

施設内には沖縄そばのお店などもありますが、
沖縄のお料理を欲張りに味わいたい人は、
ぜひ、ちゅら島のバイキングを
試してみてくださいね。

健食バイキング ちゅら島

住所:沖縄県南城市玉城字前川1336
TEL:098-949-7421
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30)
定休日:年中無休
駐車場:有(おきなわワールド内駐車場)
お店のサイトはこちら:沖縄ワールド ちゅら島

お店の場所はこちら。

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 グルメブロ グ 沖縄食べ歩きへ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
Translate »