【那覇市 ぬーじボンボンZ】友達の家?みたいなお店のハンバーグがウマい!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

住宅地の中の普通の民家がお店です

オマエには食う以外の楽しみはないのか!?
とよく言われますが、敢えて、

ほかに何がある?とお返ししたい。

いやまあ、他にもあるけど、
食べる楽しみは何よりも大きいですよ。

というわけで、今日もおいしいものを
食べに行ってきましたよ。

那覇市楚辺にある食堂、
ぬーじボンボンZで、ランチしてきました。

ぬーじボンボンZ外観2

スポンサードリンク

泉崎りうぼうの向かいのファミリーマートの裏、
奥まったとこにある隠れ家食堂です。

ここのハンバーグがうまい!という評判を聞いていたので、
今日はお友達を誘って、ふたりで遅めのランチしてきましたよ。

ほんとに、普通の民家ですね。

ぬーじボンボンZ外観3

入口前には、喫煙所。

ぬーじボンボンZ外観4

那覇の公設市場の近くに
2号店もオープンしたんですね。

そちらは、串カツと黒カレーが看板メニューのようです。

ぬーじボンボンZ外観5

営業時間と、駐車場の案内が貼られてましたよ。

ぬーじボンボンZ外観6

ぬーじボンボンZ外観7

駐車場のイラストがかわいいです。

ぬーじボンボンZ外観8

予約して行ったので、早速中へ。

靴を脱いで入るスタイルのお店ですよ。

ぬーじボンボンZ内観1

めちゃくちゃ、友達の家に来た感覚。

ぬーじボンボンZ内観2

うん、友達の家のLDがこんな感じ。

ぬーじボンボンZ内観3

照明がとてもかわいいですね。

カウンターもあるので、一人ランチもOKです!

ぬーじボンボンZ内観4

お座敷席に案内されて、
さっそくメニューをチェックですよ!

カレーメニューが豊富!ぜんぶ食べたい!

ランチのメニューはこんな感じでした。

うわああぁぁぁ選べない!

スポンサードリンク

チーズ黒焼きカレー(温玉添え)とか、
やんばる豚のロースカツ黒カレーとか、
うまいに決まってる!

でも、今日はハンバーグを食べに来たのです。

それははずせない!

初志貫徹で、ワタシは
大人の男のための本格ハンバーグステーキ200g850円
チョイスしましたよ。

友達はメインは同じ、でもプラス150円
ライスをミニ黒カレーに変更していました。

大人ではあっても男ではない二人ですが、
この選択は間違ってないに違いない。

待ってる間、夜のメニューもチェックです。

ぬーじボンボンZメニュー4

アラカルトは500円からと、とてもリーズナブル。

お酒のリストも見てみましたが、ワインも充実してました。

夜は、友達の家に飲みに来たような
くつろいだ雰囲気でお酒を楽しめるんだろうなー^^

さてさて、スープと前菜がやってきましたよ。

ぬーじボンボンZ前菜1

野菜たっぷりの、ヘルシーな前菜ですね。

こちらは、お豆腐です。

ぬーじボンボンZ前菜2

ぬーじボンボンZ前菜3

大好きな、レバームースもありましたよ。

ぬーじボンボンZ前菜4

一品ずつは量が少ないけど、けっこうお腹にたまります。

続いて、メインがやってきました!

大人の男のための本格ハンバーグステーキ200g850円です。

ぬーじボンボンZのハンバーグ

アップでどうぞ。

ぬーじボンボンのハンバーグ1

ソースは、和風、カレー、デミグラスの中から
選べるのですが、今回はデミグラスです。

ごろん!としていて、すごい厚みがありますね!

肉肉しいです^^

ぬーじボンボンのハンバーグ2

ジューシーですごくしっかりした味でした。

ハンバーグの下にはキャベツの千切りが
敷いてあって、それと一緒に食べると
味が複雑になって、楽しいですよ。

途中で、友達のミニ黒カレーを一口
味見させてもらいましたが、
とても本格的なカレーでした!

これは次回、絶対食べなければ!

ちなみに、400gを頼むと
このハンバーグが2つ出てくるそうです。

それを食べきってこその、大人の男なんでしょうか。

ワタシは別腹を満たすべく、
ミルク金時ぜんざい350円をいただきました^^

ぬーじボンボンのミルク金時ぜんざい

練乳を凍らせたかき氷の下にも、
甘い金時豆が隠れてますよ。

お座敷もあるし、子供用の座いすも用意されているので、
家族連れも気兼ねなく食事を楽しめるお店です。

近くに来ることがあったら、ぜひ寄ってみてくださいね。

ワタシは次は、2号店に行ってみようっと。

ぬーじボンボンZ

住所:沖縄県那覇市楚辺276
TEL:098-832-8415
営業時間:ランチ 12:00~15:00(14:30LO)
夜 18:00~24:00(23:30LO)
定休日:第1月曜日、毎週火曜日
駐車場:有

お店の場所はこちら。

にほんブログ村 グルメブログ 沖縄食べ歩きへ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
Translate »