【千葉旅行】非日常だけを求めて、3泊4日南房総の旅(3)

スポンサードリンク

1606_千葉_120

各駅停車も、非日常です

沖縄に住んでると、「鉄道」という
交通手段を利用する機会が、ほとんどないです。
沖縄の中学生のほとんどは、
ひとりで電車に乗ったこと、ないんじゃないかね。
ゆいレールは別として。

そんな地域で生まれて育ったワタシにとって、
各駅停車の外房線の旅は、
十分、いつもと違う、非日常の旅でしたよ。

1606_千葉_121

1606_千葉_122

1606_千葉_123

1606_千葉_124

スポンサードリンク

上総一ノ宮駅駅から
窓の外の景色をぼーっと眺めつつ、
1時間ちょっと。

とりあえず、安房鴨川駅で一時下車です。

改札の横で、お魚がお出迎え。

1606_千葉_125

1606_千葉_126

1606_千葉_127

特に鴨川で観光するつもりはなく、
単に、下りてみたかっただけw
鴨川シーワールドは人気スポットですが、
あんまり興味ないんだよなあ。

美ら海水族館に行くたび、
刺身食べたい・・・と思うワタシなので、
魚は見るものではなく、食材なのよ。

さて、ここで問題発生。

この日予約してあったホテルは、
駅まで送迎のサービスがあるのですが、
ワタシのスマホがバッテリー切れ。

しかたなく、駅前の公衆電話(!)から
ホテルに連絡したところ、
送迎は鴨川駅ではなく、
2駅戻ったところの、安房小湊駅までとのこと!

「小湊駅に着いたら、ご連絡ください」
と言われたんだけどさ。
戻るのは全然かまわないが、
安房小湊に公衆電話あるんだろうか・・・。

まあ、行ってから考えよう!

ってことで、駅に戻ってとんぼ帰りです。

さっき素通りしてきた、安房小湊駅。

1606_千葉_128

観光名所の案内の看板。
鴨川の入口なんですね。

1606_千葉_130

駅を出たところです。
すぐそばに、海が見えますよ。

1606_千葉_129

幸い、駅の中に公衆電話があったので、
ホテルに電話して迎えにきてもらいました。

駅から、送迎のバスで10分くらい。

今夜の宿は、海沿いのホテル。

メゾネットタイプです。

1606_千葉_133

一人にはもったいないくらい、広いお部屋ですよ。

1606_千葉_131

1606_千葉_132

1606_千葉_134

温泉の大浴場があって、
朝5時から深夜0時まで入浴できるとのこと。
楽天で予約して、4,500円くらいでした。

ベランダからは、海が一望できます!

1606_千葉_135

1606_千葉_136

せっかくなので、荷物を置いたら
海に出てみよう!

ホテルの裏手から、海岸に下りることができます。

1606_千葉_137

1606_千葉_138

砂浜じゃなく、岩場。
ちょうど引き潮で、歩きやすい!

1606_千葉_139

ワタシのほかには、
小さな子供を連れた家族が2組いるだけ。

1606_千葉_147

1606_千葉_148

夕暮れの海を、ほぼ、一人占めですよ^^

潮の香りがきつすぎることもなく、
いい風が吹いて、すごく気持ちよかった!

ちょっと童心にかえって、磯の
小さな生き物を探してみました。

この小さな貝、小学生のころ
いとこたちと海で獲って食べてたなあ。
親戚でバーベキューしたときとか。

1606_千葉_142

1606_千葉_143

潮だまりの中には
小魚や蟹の群れがいっぱいいたんだけど、
ワタシが近づくとぱーっと逃げちゃって、
写真が撮れなかった・・・。

悔しいので、コンデジの
ドラマチックモードで海を撮ってみた。

1606_千葉_144

なにか、禍々しいものが
遠くからやってきそうな一枚に・・・。

夕陽が、とてもきれいですよ。

1606_千葉_145

これも、ドラマチックに。

1606_千葉_117

30分くらい、磯遊びを楽しんで、
部屋にいったん戻ります。

ホテルの裏側には、遊歩道。

1606_千葉_146

1606_千葉_149

なんとも、なごみます。

スポンサードリンク

1606_千葉_151

ちょっとまったりしていたら、
19:30を知らせる音楽が聞こえてきました。

夕暮れの海を眺めながら、ぼーっと、たそがれてましたw

1606_千葉_152

さて、そろそろお腹もすいてきた。

部屋で少し休んだら、
ふらふら散策しながら、
夕ご飯を食べにいこう。

ちなみに、これがホテルの看板です。

1606_千葉_153

ホテルのフロントのおねーさんに
近くに食事できるお店ある?と
訊ねたところ、同じ通り沿いに、
居酒屋さんや定食屋さんが何軒かあるとのこと。

教えてもらった通りにいくと、
ちょっと気になる佇まいのお店を見つけました。

1606_千葉_154

食事処 かしわくら。
店頭の、「魚」の看板がそそりますw

迷う時間も惜しいくらい
お腹が空いてきてたので、さっそく入店!

お店の中は、こんな感じ。

居酒屋のような食堂のような、
小さなお店ですね。

20時前ですが、ワタシの他には
同じホテルに泊まってるらしい
若いカップルがいるだけでした。

こちらがお食事と一品モノのメニューです。

1606_千葉_166

1606_千葉_161

おすすめメニューはこちら。

1606_千葉_162

なめろうとお刺身の両方が載った
房州丼1,814円も気になるけど、
今日はなめろう丼1,188円をチョイス!

ドリンクメニューも眺めて・・・

やっぱり今夜も、ビールだ!

注文したら、お茶を飲みながら待ちましょう。

1606_千葉_167

待つこと、しばし。

やってきました!
なめろう丼1,188円ですよ!

1606_千葉_168

アップでどうぞ。

1606_千葉_169

お味噌で味を付けてあるので、
最初はそのままどうぞ、
あとでお好みでお醤油を、とのこと。

いただきます!

1606_千葉_170

小骨まで丁寧に叩かれていて、
味濃い目、ごはんが進みますよ!

お味噌汁も、歩き疲れた体に、しみる!

1606_千葉_171

どんどんいこう!

1606_千葉_172

ビール一瓶をゆっくり空けながら、
30分くらいで完食いたしました!

写真撮り忘れちゃったけど、
ごちそうさまでした。

お腹がいっぱいになったら、
とたんに疲れと眠気が襲ってきちゃった・・・。
この日は、2時間以上歩いてたからね。

ホテルに戻ろうと外に出ると、
すっかり日が暮れていましたよ。

1606_千葉_173

明日も朝から歩きまわるつもりだから、
今夜は少し早めに休みましょう。

あー、それにしてもいい天気だった!
いい海だった!

続きはこちらからどうぞ!

にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサードリンク

コメント

  1. みん より:

    いい旅してますね~
    見ている私も、いっしょに連れて行った貰ったようです。
    おもわず深呼吸~
    その写真の貝、実家の和歌山でも採りに行って食べます。
    いまでも、休みには帰って、で、採りに行って食べますww
    そちらは、大きいのがごろごろいるので、きっとみんな採ってないんだ~
    もったいないって思っちゃった。
    お部屋も広くていいですねぇ~
    こころももっと広くなってくれそうだ。

    • ぐらん より:

      >みん 様

      おはようございます^^
      あのサザエのミニチュアみたいな貝、
      みんさんの地元でも食べられてるんですね!
      浅瀬にわさわさあって、時間を忘れて
      拾うのが子どもには楽しいんですよねw
      いきあたりばったり、マイペースのふらふら旅行、
      まだもうちょっとレポしますので、よかったら
      のぞいてやってくださいませ~

Translate »