【那覇市 石嶺食堂】沖縄らしい味と雰囲気の食堂でランチ!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

古都のはずれ、静かに佇む食堂です

那覇市首里の端っこにある、
石嶺食堂へランチに行ってきました。 石嶺食堂外観1

スポンサードリンク

沖縄県総合福祉センターのすぐ横にありますよ。

首里石嶺町というと、ワタシが小さいときは
すごく寂れたイメージをみんなが持ってたのですが
(石嶺町の人、ごめんなさい)
沖縄都市モノレールが開通してから
あっ!という間に、静かで落ち着いた町へ
イメージチェンジした感じがあります。

石嶺食堂は、割と最近できたお店ですが、
雰囲気と味の良さでいろんなところで
いい評判を聞いてました。

今回、初めて行ってきましたよ。

お店の入口です。

石嶺食堂外観2

中に入ると、シーサーがお出迎え。

右側に、さりげなくハブ酒がありますね^^;

石嶺食堂内観1

開店直後に行ったので、またまた一番乗りです。

一人だから、カウンターに座りました。

石嶺食堂内観2

座敷もありますよ。

石嶺食堂内観3

カウンター奥には、泡盛がずらり。

石嶺食堂内観4

石嶺食堂内観5

夜は居酒屋さんになるようですね。

こちらがメニューです。

石嶺食堂メニュー1

石嶺食堂メニュー2

石嶺食堂メニュー3

石嶺食堂メニュー4

石嶺食堂メニュー5

スポンサードリンク

石嶺食堂メニュー6

オオタニワタリの天ぷらもあるそうです。

お酒のつまみによさそう。

石嶺食堂メニュー7

しばらく迷いましたが、
白身魚フライとアジフライ定食790円をチョイス。

しばらく揚げ物を食べてなかったので、今日は解禁です!

定食というより、お膳と呼びたい!

やってきました。
白身魚フライとアジフライ定食790円)です。

石嶺食堂1

沖縄の食堂ランチですね!
ごはんの盛りが、すごいです。

小鉢は左上から、人参シリシリー
クーブイリチー(昆布と干瓢の炒め物)、白菜の浅漬け

沖縄の郷土料理が入ってるあたり、
ちゃんとしたご膳っぽいです。

他の食堂は、付け合わせが
マカロニサラダだったりすることが 多いですよね。

お味噌汁の具は、わかめと豆腐。
豆腐は沖縄の固めの豆腐です。

石嶺食堂の味噌汁

白身魚フライは、4切れもありました。

揚げたてで、サクサクです。

石嶺食堂の白身魚フライ

大きなアジフライも、サクサクです。

石嶺食堂のアジフライ

最初に出てきたときは、揚げ物が多いし、
食べきれるかなあ?と不安になったのですが、杞憂でした。

石嶺食堂3

ごはんを少し残してしまいましたが、
ほぼ、完食いたしましたよ。

アジフライにはあらかじめ
レモンを少し絞りかけてあったようで、
揚げ物なのにさっぱりとした感じで
胃もたれもせず、おいしくいただけました。

ワタシが食べ終わるころには2時を少しまわっていたので、
お客さんが次々と入ってきていました。
ほとんどが常連さんのようです。

住宅街の中の、地元の人の集まるお店なんですね。

那覇の繁華街や観光ルートからは離れていて、
もうほとんど西原町に近いのですが、
雰囲気も味も、沖縄らしさを感じさせる心地よいお店です。

近くに行ったら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

2015年6月に再訪しました^^

石嶺食堂

住所沖縄県那覇市首里石嶺町4-346-1
TEL
098-884-9977
営業時間:昼11:00~14:30 (L.O.13:50)
夜18:00~23:00(L.O.22:00)
金・土は24:00まで 定休日:不定休

お店の場所はこちら。

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 グルメブロ グ 沖縄食べ歩きへ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
Translate »